closeup of the face of the ring showing the swirl or volute motif
viewing the face of the ring
another view of the ring on a finger
view of the ring on a finger
レトロな合成ルビーとダイヤモンドのリング
side view of the ring
another side view of the ring

レトロな合成ルビーとダイヤモンドのリング

¥170,400


渦巻きモチーフが 特徴的なレトロなリングで、!

ハンドメイドで、かなり重みがあります。
オールドカットのダイヤモンドは、私たちが大好きな輝きを放ちます。あまり見かけない楽しいスタイルで、宝石箱に加えるのにぴったりのユニークなアイテムです!

このリングは、私たちがとても気に入っているため、保管することも考えています。

このリングは素晴らしいコンディションで、おそらくあまり着用されていなかったと思います!

レトロな時代は、オールド・ハリウッドの最盛期でした。華やかな映画スターたちが、大胆でカラフルな大ぶりのジュエリーを身につけ、黄金のスクリーンに登場しました。

ヴァン クリーフ&アーペルのバレリーナ・ブローチのようなデザインは、カルティエのパンサーや籠の鳥のような他の有名な作品とともに登場しました。

レトロな時代のジュエリーは、第二次世界大戦に大きな影響を受けながら、それ以前とは明らかに異なっていた。太いガスパイプスタイルのチェーンや大胆なボンベスタイルのリング(いくつか例を挙げる)、ヴォリュート、スクロール、リボン、ファンなどのモチーフ、カラフルな宝石とゴールドのミックスカラーがセットされたものなど、未来的で工業的なルックを備えていた。
アール・デコ時代の硬質な角度は変化し、より自然なスタイルへと柔らかくなった。

この時代、戦争が続き、物資が不足していたため、これらの作品の多くは、より高いカラットのゴールドで作られ、貴重な宝石は、顧客の既存の宝石を再び「流行」に合わせて加工したものであった。
そのため、古いカットの宝石やダイヤモンドが混ざっていることもある。

レトロなジュエリーの多くは、デザインの変化や人々の要望によって溶かされてしまったため、あまり多くは残っていません。

この時代のジュエリーには、ダイヤモンドと並んでカラフルな合成宝石が使われ、さまざまな色のゴールドにセットされているのが一般的です。

このリングは14カラット・ホワイトゴールドのハンドメイドで、1940年代頃と思われます。

現在のサイズは4½です。

この商品には、公認の独立鑑定士による鑑定書が付属します。

、宝石の詳細が追加されます:

このリングには7石の合成ルビーと8石のダイヤモンド(シングルカット1石、オールドマイン7石)がセットされています。
(シングルカット1石、オールドマインカット7石)がセットされています。

  • 合成ルビー7石
  • (8) シングルカット1石、オールドマインカット7石:0.25カラット
  • クラリティSi1-Si2
  • カラー: I-J

ダイヤモンド総重量:0.25カラット

素材:ホワイトゴールド - 14カラット

重量:6.32g

サイズ

高さ:
20.30 mm

:18.52 mm